治療院,整骨院,接骨院,コンサルティング,バイオリズム,メンタルサポート,

治療家のためのバイオリズムコンサル&メンタルサポート

治療院業界で唯一のバイオリズムコンサル 吉野公人 が有意義な情報を提供していきます。

治療院で出来る心理カウンセリング

治療院で出来る心理カウンセリング

オフィス吉野 Mental 代表 の吉野公人です。

 

前回の続きです。

 

今の時期、

多くの治療院では新人スタッフの

研修が行われていることと思います。

 

私が新人スタッフに求めるものは、

心理カウンセリングのスキルアップです。

 

前回の記事が気になる方はこちら
↓↓↓↓↓ 

officeyoshino.hateblo.jp

 

 

❏ 入社1年後に差が出る理由

新人スタッフに求められることは

治療技術を早く習得し、

一日でも早く施術に参加することです。

 

研修期間は、とにかく、

がむしゃらに覚えることが仕事です。

 

やがて研修期間が終わると、

施術者として自立していくわけですが、

ここで成長曲線に大きな違いが出てきます。

 

治療院においては、入社後の半年の姿で

その人の3年後の姿が想像できます

 

私の整骨院においても、残念ながら、

施術者によって指名をいただける数、

売上の差はとても大きなものです。

 

どれだけ指名を貰えるようになるか?は、

入社して1年後に決まってしまいます。

 

1年後に達成できた、売上や指名数は

それ以降、たいして増加はしないものです。

 

大きく変化するのは、

指名の多かった先輩が退職し、

その患者さまを引き継いでいるだけです。

 

患者さまの指名数に

大きな差が出る初年度ですが、

実は治療技術に大差はないものです。

 

では、なぜこんなことになるのでしょう?

 

それは、

カウンセリングができているか、

いないかの違いです。

 

患者さまとコミュニケーションが

とれているか、とれていないか、です。

 

❏ テイクオフ!! TAKE OFF

【施術前のカウンセリング】

施術前のカウンセリングは

云わば飛行機でいう離陸です。

これ無くして治療は始まりません。

 

◆安心して本音を語れるように
 不安や緊張を取り除いてあげる。

 

◆目線、表情、声のトーン、
 仕草の変化などに注目して、
 リラックスできてきたかを確認する。

 

◆小さな「はい」と「共感」を集める。

 

常にこちらが主導権を持ちながら
 自然と自分のことを話し出せるように
 患者さんを誘導する。

 

とにかく傾聴
 尋問のように質問攻めにしないこと。

 

話す割合は、施術者2割、患者8割。

 

❏ 本当の悩みを聞き出せ!!

【施術中のカウンセリング】

◆患者さん自身が忘れていた記憶を

 思い出せるような質問をする。

 

「そういえば、こんな事がありました」

 

「そういえば、思い出しました」

 

カウンセリングや検査や施術を受けながら、

患者さんは色々なことを思い出すものです。

 

これは、患者さんから私たちへの

「聞いてほしい」「話したい」サインです。

 

ここで適切な質問をすることで

忘れていた記憶が一気に蘇ります。


ラポールと傾聴によって、

 さらなる深い悩みを聞きだす。

 

「実は、前からここも痛いんです」

 

「実は、胃の調子も最近悪いんです」

 

「実は…」という本音を引き出すことが

施術中のカウンセリングのポイントです。

 

 

また、患者さんの抱える本当の悩みとは

カラダの痛みとは別の事にあります。

 

  • このまま仕事ができなければ
    生活できなくなる

  • 高額な海外旅行の代金を
    もう振り込んでしまっている

  • 膝が変形してO脚になったら
    年寄りに見られる

  • 家族に迷惑をかけたくない

 

患者さんの訴える痛みの先にある、

悩みの本質を探しましょう。

 

 

❏ ランディング!! LANDING

施術後のカウンセリングは

云わば飛行機でいう着陸です。

 

治療も同じことです。

着陸しなければ、

目的地には到着できません

 

【施術後のカウンセリング】
ゴールと行動を決める

 

施術前~施術中~施術後と、

全てをまとめて、わかりやすく

患者さんに伝えることが大切になります。

 

その人の抱える問題や悩みに対して、

ゴール(期間)を決める。

 

短期目標として、

今の痛みを治すための施術計画。

 

中期目標として、

カウンセリングによって発覚した

他の痛みも治療していくための施術計画。

 

長期目標として、メンテナンス計画。

 

なぜ次、〇日後に来た方がいいのか?

なぜ?理由は?根拠は?

 

本気で患者さんのことを想うなら

しっかりとお伝えしてほしいと思います。

 

少しでも参考になれるとうれしいです。

 

それでは今回はこのへんで。

吉野でした。

 

あなたからのご質問やご相談を

お待ちしています。お気軽にどうぞ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

📩メールでの問い合わせはこちらから

 

有意義な情報をお届けします。

LINE@で友だち追加してください。

https://line.me/R/ti/p/%40nhf4310g

 

 ◆Infomation 

◆ バイオリズムコンサルティング

◆ 吉野公人の院長日記

◆ 筋肉治療家のためのブログでポイント

◆ 吉野マッスルセラピストスクール

◆ 交通事故治療&症例ブログ

◆ 大阪府和泉市で腰痛・頭痛・交通事故治療なら よしの整骨院 

 

・▲被リンクを増やしたいならスイフト高く売りたいバックリンクが無料人気声優グッズ