治療院,整骨院,接骨院,コンサルティング,バイオリズム,メンタルサポート,

治療家のためのバイオリズムコンサル&メンタルサポート

治療院業界で唯一のバイオリズムコンサル 吉野公人 が有意義な情報を提供していきます。

コミュニケーションで重要な事とは?

コミュニケーションで重要な事とは?

オフィス吉野 Mental 代表 の吉野公人です。

 

人間には「五感」があると言われますが

あなたはどの感覚が強いと思いますか?

 

わからない、という方は、

ぜひ今回のブログで知ってくださいね!

 

前回の記事が気になる方はこちら
↓↓↓↓↓ 

officeyoshino.hateblo.jp

 

 

❏ あなたのタイプはどれ?

人間には「五感」があると言われます。

 

五感には、

視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚

があると言われています。

 

誰かとコミュニケーションをとる時には

主に3つの感覚を無意識に使っています。

 

それは、視覚・聴覚・体感覚 の3つです。

 

あなたは自分でどの感覚が

強いと思いますか?

 

視覚の強い人は、

ちょっと上を見ながら、

その様子をイメージしながら話をしたり、

 

話の内容がアッチコッチに

飛ぶことがが多いようです。

 

聴覚の強い人は、

言葉を大切にするため話が長かったり、

メールの文章が長くなる傾向があります。

 

「前に、こんなこと言ってたよね。」

 

と、以前言った言葉をよく覚えているのも

聴覚が発達している人の特徴です。

ちょっと怖いですね(笑)

 

体感覚の強い人は、

問いかけに瞬時に答えられなかったり

理屈攻めや質問攻めに弱いようです。

 

「ほら、あそこのアレ、わかるやろ?!」

 

「あー、アレね!アレやろ?アレ!」

 

大阪でよく見られる会話ですね(笑)

 

会話の中で「あんな感じ、こんな感じ」

よく使うのは体感覚が強い人の特徴です。

 

このように、人によって

大切にしている感覚は違うんですね。

 

あなたはどの感覚が強いのか?

 

そして相手はどの感覚が強いのか?

 

それぞれの感覚の違いを知ることで

コミュニケーションのすれ違いは

少なくなっていきます。

 

❏ すれ違いをなくす方法

私たちの日常では、

こんな、すれ違いが起きています。

↓↓↓↓↓

聴覚が強く、言葉を大切にしている人

あるお店に電話で問い合わせしたとき、

 

電話対応したお店の従業員が

体感覚の強い人だと、

こんな不満をもたれることがあります。


「あの店の人、私の問い合わせに、

 パッと答えられないし、

 見当違いの説明をしてくるのよ!」

 

「店への道順を聞いたのに、

 あの説明じゃ全然わからないわ!」

 

私の聞きたいことがわかっているの?!

 答えられるの?」

 

あなたが、もし体感覚が強いとしたら、

聴覚が強い人からのクレームには

弱いと思います。

 

返答をアタマで考えているうちに、

相手にドンドン言葉攻めにされて、

ついに思考が停止してしまう状態です。


聴覚の強い人は、

聞きたいことを徹底的に確認したいので、

感覚的な説明や、中途半端な説明では

到底納得できないのです。

 

本当に納得できるまで、

時間は? 距離は? 値段は?

担当者の名前は? 責任者は?など、

細かく、きっちりと確認したいのです。

 

まずは、あなた自身が

どの感覚が強いのか知ることが大切です。

 

それから、他人に対して

「この人は、どの感覚が強いかなぁー?」

と考えていきましょう。


自分の大切にしている感覚が

どれなのかもわからないものです。

 

人と接する色んな場面で、

まずは意識してみてください。

 

それでは今回はこのへんで。

吉野でした。

 

あなたからのご質問やご相談を

お待ちしています。お気軽にどうぞ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

📩メールでの問い合わせはこちらから

 

有意義な情報をお届けします。

LINE@で友だち追加してください。

https://line.me/R/ti/p/%40nhf4310g

 

 ◆Infomation 

◆ バイオリズムコンサルティング

◆ 吉野公人の院長日記

◆ 筋肉治療家のためのブログでポイント

◆ 吉野マッスルセラピストスクール

◆ 交通事故治療&症例ブログ

◆ 大阪府和泉市で腰痛・頭痛・交通事故治療なら よしの整骨院 

 

バックリンクを増やすSEO対策治療院,整骨院,接骨院,コンサルティング,バイオリズム,メンタルサポートカンテレショッピング・▲被リンクを増やしたいなら